味ごろ玉

アクセスカウンタ

zoom RSS 対極の旨さ!!『あっさりブリ大根』

<<   作成日時 : 2005/10/31 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14


前回、ブワッて焚く『鯛のあら焚き』についてなんやかんや書いたので、
今回は正反対のコトコト時間をかけて焚く『あっさりブリ大根』について

これから寒くなるにつれ脂がのって美味しくなってくる、 ブリ。

これがかなり、ありがたい魚で、
高血圧、ボケ、動脈硬化、肝機能、貧血、眼精疲労、老化、骨粗鬆症に良いようですよ!

とくに血合いの部分はタウリンがいっぱいで、コレステロール低下にはもってこい!!
(好き嫌いせずにかならず血合いも食べましょう。)
そろそろ私も成人病予防対策考える年頃になりました。(^_^)v

そんなブリのエキスをたっぷり大根に吸わせて(汁に溶けた栄養も全て)食べる。
『あっさりブリ大根』
まず大根一本分(すが入ってない美味しい大根で)を少し大きめ(高さ3cmぐらいの半月)に切り面取りする。
鍋に昆布(20cmぐらい)を敷き大根を入れて、水を大根が浸るくらいより少し多めにはる。

酒1合半、塩小匙1/3、薄口醤油小匙3杯を加え、ぐらぐら沸騰させないようコトコト焚く。
(くれぐれもぐらぐら沸騰させないこと!出汁が濁るし大根が身やせするので。)

大根が出汁から出ないように水を足しながら4時間ぐらい焚くと
大根と昆布のいい匂いがしてきます。

ブリのカマを一匹分大根と同じくらいの大きさに切り、
湯どうしして血やウロコを掃除して入れる。
途中時々アクをすくいながら、さらに2時間ほどコトコト焚き、
ブリの出汁が出たら薄口醤油少量で味を調えさらに1時間ほど焚く。
仕上げに柚子の皮を刻んで入れ火を止める。

一晩寝かして次の日温めて食べることをおすすめします。

コトコト長時間かけて焚くことで大根が柔らかく身痩せしないでふっくらジュウシーに焚け、なにより大根自信の旨みが出て砂糖や味醂を使わなくても十分美味しい!!

大根を口の中に入れるとブリの旨みをいっぱい吸い込んだ汁が口いっぱいにあふれ出てきます。
柚子で臭みを消してあるのでさっぱりと出汁ごと溶けた栄養すべて食べれます!!

かなり手間ひまかかりますが普通に焚いた大根とはぜんぜん旨みが違います。

暇のある方はぜひおためしあれ!

長々書いてしまいましたが美味しい大根の煮物は感動もんですよ!!







『味ごろ玉』応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
アメマのおじさんと一緒に、毎日ブログ楽しみにしてます。いつも美味しそうなメニュー、蟻が十匹(ありがとう)!
ところで今度、外人でもわかる簡単なメニューも是非紹介してください。
屁座
2005/10/31 08:07
屁座さんようこそ!
蟻がトウなら芋虫ハタチ!!(今、日本で流行語)
それってあめまのおいちゃん直伝の駄洒落ですか?
あまり使わないほうが。。。((+_+))
おいちゃんから聞いてますよ、日本料理上手なこと。
私、勘太郎は難しい料理は苦手です。
今回たまたま難しく書きましたが、これからも簡単レシピ路線で行こうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。
勘太郎
2005/10/31 23:28
芋虫ハタチ?
ワタシ、わからない。。。
屁座
2005/11/01 15:32
芋虫ハタチ?
ワタシもわからない。。。
あめま
2005/11/01 15:33
いや、だからぁ、蟻が10歳なら芋虫は二十歳かなぁと。。。
すいません!
もういいです!!
勘太郎
2005/11/01 22:47
ワタシ、わかった!
ワタシ43...
屁座
2005/11/02 06:20
ありがとう、
いもむしはたち、
あめまよんじゅうに、
かんたろうよんじゅうに、
たかくらのボボよんじゅうに。。。どや?
あめま
2005/11/02 06:23
少し違います!
高倉のボボはまんじゅうに。。。
勘太郎
2005/11/02 07:54
高倉のボボはまんじゅうに!
これ、ムッチャおもろい!
高倉のボブ?
2005/11/04 11:03
質問:よく米ぬかやとぎ汁でゆでてから煮るとありますが、この場合、じっくりとろ火で合計7時間。なのですか?
non
2005/11/28 19:51
nonさん
米ヌカやとぎ汁で茹でると煮ても大根が身痩せしないんです。
この場合生からじっくりじか焚きしますので身痩せしません。くれぐれもグラグラ沸かさずコトコトとろ火で長時間!大根自身の旨みが味わえます。
勘太郎
2005/11/28 23:29
了解!ありがとうございます。
暇をもてあましてるとき一度トライしてみます!
non
2005/11/30 00:27
あ、そうだ、うちにシャトルシェフという
プロの方からすると、何と言う!そないなものをつかってるのか!と叱られそうな保温なべ(火を止めて煮込む)を持っています。
これでじっくりじゃ、しみこみませんよねえ・・これだと、カレーやシチューも煮えることは煮えるのですがトロっとしないのです。
non
2005/11/30 00:30
恥ずかしながら勘太郎
そのような舶来の鍋は使ったことありません。
また使い方や長所、短所など教えていただけたら勉強になります。よろしく!
勘太郎
2005/11/30 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク

お気に入り

対極の旨さ!!『あっさりブリ大根』 味ごろ玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる