味ごろ玉

アクセスカウンタ

zoom RSS ずいぶん大きくなりました。『イカナゴと蕗と新生姜の焚いたん』

<<   作成日時 : 2006/04/27 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
まぁ!ずいぶん大きくなって!イカナゴ君。いかにもカルシウムの多そうな!

それと二つ前のブログの蕗味噌に使ったの残りと旬の新生姜で煮付けに。

なんとなく疲れがとれない、元気が出ない、体が弱ってる気がする。(今の勘太郎がそおかも)
そんなときは生姜をたっぷり利かせた料理で元気を取り戻しましょう。

生姜の辛味成分のジンゲロンは体内に適度な刺激を与え
血液の循環が良くなり発汗を高め新陳代謝を活発にする、
内臓も元気になるので食欲増進や疲労回復にもなるらしいです。
(ちょっと長かったかな、書いてて息が詰まりそうになった)

もひとつ、強い殺菌力があるので食中毒も予防してくれます。

イカナゴのたんぱく質とカルシウムそして蕗にもカルシウム。
な〜んか体によさそうな気がしませんか!

ではこの時期ならではのこの料理ぜひ作ってみてください!



蕗は鍋に入るくらいに切り塩をまぶして置く、熱湯でサッと火を通して
水にさらす、皮をむいて適度に切る

茹でたイカナゴと新ショウガのスライスを鍋に入れ出汁(水でも良い)をひたひたぐらい入れ
濃口醤油と砂糖であっさり目に味付けして(あら焚きほど濃いくなく)
落し蓋(又は銀ホイル)をしてブワッと焚き、蕗を入れてさらに少し焚いて出来上がり。

けっこう御飯が進む一品ですよ。(*^〜^*)

『味ごろ玉』応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
拙者も「イカナゴ」超すき。(佃煮)
「カ」を抜いた「イナゴ」の佃煮も超すき。
ところで、「イカナゴ」の名前の由来は?
あめま
2006/04/28 09:09
おいちゃん。
如何なる子?って意味ですよ。
まちがいない!
勘太郎
2006/04/29 22:15
そうかぁ、勘太郎さん説得力あるなぁ〜
拙者は、「イカ」と「あなご」がぶつかって
「アッ」と思ったとたんに「ア」がどっか
行ってもて、「イカナゴ」になったと言おうと
したけど、しょうもなくて情けなくなってきたのでやめる。。。
あめま
2006/04/30 05:34
いかなごって釘煮しかおいしいと思わなかったんだけど・・・
釘煮のあとにも大きくなったいかなごちゃんの利用法あったのね!
素晴しい〜(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
non
2006/04/30 13:20
nonさん。
そうそう大きくなったイカナゴ君は充分存在感ありますよ!!
勘太郎
2006/04/30 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク

お気に入り

ずいぶん大きくなりました。『イカナゴと蕗と新生姜の焚いたん』 味ごろ玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる