味ごろ玉

アクセスカウンタ

zoom RSS アジュール舞子グレ釣行4 『油淋グレ』

<<   作成日時 : 2008/05/28 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

少し早起きして午前9時より西5へ釣行。

すでに3人の先行者有り。
いつもの定位置4番目に竿を出す。

風も波も天気も穏やかで絶好の釣り日和、
だがただ一つ海に濁りが入って海面下がよく見えない。

しばらく撒き餌をしてやっとチラホラ浮いてきた、がすぐ消えてしまう。
00号のウキにマッチ棒(マーカー)を付けて50cmぐらい沈んだ辺りで最初のアタリ。
あがってきたのは22cmのグレ。

しばらくアタリなし。

寄せ負けしているのかオセンの姿も少ない。(ただしボラには人気有り)
二人隣にはオセンもグレも集まっている様。 
足元にこまめに撒き餌を撒き隣からオセンの群れをひぱって来る。

とグレもチラホラ着いてきたがなかなか浮いてこない。
また00のウキが50cm沈んだ頃にアタリ。

この調子で午前で4枚ほどあげたが昼頃にまったく反応がなくなった。

昼食をとって13時頃から再開。
やはりあまり浮いてこない。同じパターンで16時までに7枚追加して念願の2桁勝利!

見えない魚を釣ることでかなり疲れた気がした(実際疲れた)
2桁は行ったものの今回もまた30UPには程遠い結果となった。

※ 今日の収穫、海に濁りがあるときはウキを浮かせてマーカーでアタリを取るより、
ウキごと沈めてマーカーとの間隔でアタリを取るほうがず〜と見やすい事に気が付いた!

『油淋グレ』
こないだ「チューボーですよ」で油淋鶏(ユーリンチン)なるものをやっていた。
いわゆる中華風鶏の唐揚げ葱風味甘酢掛けである。

そのグレバージョンで油淋グレ(正式中国名があるかもしれないがそんなの知らない!)
ちなみに油淋とは油をまわし掛ける事らしい。

グレは丸ごと内臓を抜き5mm幅で骨切りしておく。
醤油で下味をつけ上新粉を付け油をまわし掛けカリッとじっくり揚げる。

その間に酢1.5に砂糖1をよく溶かし濃口醤油0.8を加えごま油少々、
みじん白葱、おろししょうがを加えたタレを作っておく。

揚げたてにこのタレを掛けて茗荷の刻んだものを天盛りする。

ヒレまで食べれるほどじっくりとカラッと揚げるのがミソ!
見た目黒っぽいのでグレテスクに見えるが結構いけましたよ!!

画像

『味ごろ玉』応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク

お気に入り

アジュール舞子グレ釣行4 『油淋グレ』 味ごろ玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる